ネコシリーズの代表産駒マタタビニャンニャ

ネコシリーズの代表産駒マタタビニャンニャ

「馬名の意味:マタタビ+猫の鳴き声より」という猫好きにはたまらない馬名をもった競走馬が高知競馬で走っています。ネコシリーズの代表産駒とも言えるキュートな牝馬「マタタビニャンニャ」号です。

マタタビニャンニャ
マタタビニャンニャと郷間騎手

実況に連呼してほしいその名前

マタタビニャンニャの魅力はなんと言ってもその馬名のインパクト。猫関係の名前がつけられた競走馬は俗に「ネコシリーズ」と呼ばれ、お馬さん好き女子だけでなく、ネコ好き女子もつい気になってしまう魅力を持っています。まさに猫好きホイホイ。

過去にはTwitterでも話題になったことがあり、世の猫好きを虜にしました。馬だけど。

もうすぐ200戦という驚異の出走数

マタタビニャンニャは2020年現在で8歳になったお姉さんホースで、綺麗な栗毛の馬体と、鼻先までのびた流星(顔にある白い模様)が可愛いいお馬さん。

なのですが、2020年9月末の通算成績をチェックすると193戦4勝の文字。まもなく200戦に達する驚異の出走数です。

JRA中央競馬であれば、怪我が無くても10〜20戦で引退する馬もいます。以前紹介した11歳のレジェンドホース「サクラレグナム」も同時点でまだ63戦。ニャンニャがいかに短い間隔でがんばって走っているかがよくわかります。

【関連リンク】高知競馬のレジェンド11歳馬サクラレグナム
 http://cheeringhorse.fun/?p=44

マタタビニャンニャ馬券

ここしばらくは馬券に絡む活躍はできていないマタタビニャンニャですが、できるだけ長く元気に走る姿を見ていたい!そして実況でその名を連呼してもらいたい!そんな応援したくなるお馬さんです!

ユニーク馬名カテゴリの最新記事