高知最強馬は重賞4勝スペルマロンで決まり!

高知最強馬は重賞4勝スペルマロンで決まり!

競馬の話題で盛り上がるのはいつの時代も一番強い馬、つまり「最強馬」はどの馬か?という話しではないでしょうか。では2020年現在、高知競馬で一番強い最強馬は?と問われると、この馬で決まりでしょう。獲得賞金No1の6歳セン馬、栗毛の馬体とまっすぐ伸びた流星(顔の白い模様)が美しいスペルマロン号です。

スペルマロン
(画像)YouTube高知けいば中継より

高知に来て重賞4勝

スペルマロンは2016年8月に新潟でデビューし、中央では27戦3勝の成績をあげ、その後高知競馬へ移籍しました。高知ではBクラスでのデビューとなり、初戦を勝利で飾ると、その後も勝ち星を伸ばし、近走は重賞・珊瑚冠賞を制し、続く黒潮マイルチャンピオンシップも5馬身差の圧勝、重賞2連勝としました。

2020年8月に出走したミッキーロケット賞ではスタートでつまずき落馬、競走中止のアクシデントもありましたが、幸い大きな怪我はなかったようで上記の重賞2連勝を飾りました。

父はドバイワールドC勝ち馬

スペルマロンの父ロージズインメイはアメリカ生まれ、世界最高クラスの賞金で有名なドバイワールドカップを制した競走馬。その子ども達はダートを中心に安定した勝ち星を挙げており、レパードS(G3)のローズプリンスダム、シルクロードSと函館スプリントS(共にG3)を制したドリームバレンチノなどを輩出しています。

ドリームバレンチノの函館スプリントSは、9冠馬アーモンドアイの父で、世界を制したロードカナロアに勝っていますから、より価値を感じます。

スペルマロン号はまだ6歳。これからも安定した走りで勝ち星を重ね、ぜひ高知代表としてダートグレード競走(Jpn1~3)にもチャレンジしてもらいたいですね!

スペルマロンは今週末12月6日の準重賞ニシケンモノノフ賞に出走予定。ナイター競馬、高知競馬でマロンの走りを応援しましょう!

高知の強者カテゴリの最新記事