ウマノオシリスキー必見の牝馬パステルリズム

ウマノオシリスキー必見の牝馬パステルリズム

先日、久しぶりに高知競馬場を訪れることができました!悲しいかな、すっかりお馴染みになった三角コーンに囲まれたパドックを歩く馬たちの中に、見つけました見つけました!

“ウマノオシリスキー”の筆者アンテナにビビビ!と来たのが、黒鹿毛の3歳牝馬パステルリズム号です!(2021年1月時点)

パステルリズム

魅力はオシリの丸みと張り!

生粋の競馬好きは、走る馬を見分けるためにパドックで馬体をチェックしますが、近年増加中のウマジョ(UMAJO)目線では、馬の可愛さに注目する方もいらっしゃいます。

そんな、いちウマジョの筆者の目にとまったのが、パステルリズム号のオチリ♡真後ろから見た時の丸みと張り具合のバランスが素晴らしく、超絶好みなオシリでした!(注:あくまで個人の感想です笑)

思わずみとれて真後ろからの写真を取り損ねていたので、その魅力はぜひ高知競馬でご体感ください!

パステルに絵を描くようなリズムに乗って

パステルリズム号は、父・マジェスティックウォリアー 母・キャニオンバレー (母父・シンボリクリスエス)という血統。2021年1月24日時点で、5戦0勝とまだデビューして間もない競走馬です。

デビューは2020年10月の中央競馬。 中央で2戦したあと、同年12月31日の大晦日に高知競馬で地方転入初戦を走りました。 初戦こそ9着でしたが、その後は一戦ごとに順位を上げており、1月19日のレースでは見事2着入線!思わず応援したくなるレース運びを見せてくれました。

馬名の意味のように「パステルに絵を描くようなリズムに乗って」勝利を描けるように、そしてキュートなオシリを追いかけて(笑)これからも応援しています!

イケ馬カテゴリの最新記事